« 夏に向けて | トップページ | おトイレに »

2009年2月 8日 (日)

屋根を作る

最近タイトルに反してエクステリアに走っている我輩。
まぁ、物造りの一環として大目にみてもらおう。

先週に引き続き今回は屋根を作る。
前もって用意しておいたのが七尺(2120mm.)のガルバの波板。
傘釘はステンレスを使用。

P1023678 垂木の代わりになるのがSPF材のブロック。
母屋に4本のコーススレッドで固定して横桟を架けます。
以外と結構しっかりしています。
我輩が乗っても大丈夫。(体重が軽いので・・・)
一番奥の横桟は、垂木ブロックを先に横桟に付けてから母屋に留めました。


これで問題が目に見えて明らかになりました。
奥の横桟と軒天との隙間がほとんど無いでしょう?
どうやって傘釘で波板を止めるネン?って話しになるわけです。

でもね、横桟を取り付けた時と同じ事をすればいいだけなのだ。

P1023679 予め波板に角材を傘釘で留めておきます。
ちゃんと計算しないと波板が真っ直ぐ取り付けれないので、ここは慎重に。
波板に下穴をあけておくと傘釘を留めやすい。




んでもって、後はこの角材を奥の横桟に合わせて留めるだけ。
若干の歪みがあったものの1ミリ以下に修正しながら出来たので良しとしよう。
P1023681
これは波板5枚を張ったもの。
波板の重ね代は二山半以上にしましょう。
あ、棒切れは定規代わりに使用しました。え?真っすぐじゃないって?
勘弁せいっ!


P1023683 下から見るとこんな感じ。
軒天との隙間はわずか10mm.。
角材を後から留める意味が理解いただけましたかな?
強い雨が降った時に軒の下が跳ね返しで濡れる事はあるかもしれませんが、
そう簡単に腐る物でも無いと、良い方に解釈しておくことにしよう。
雨の跳ね返しが気になるようであればバックアップも考えているので必要に応じて・・。
さて、当然この一番奥の横桟に関しては波板の重ね代には傘釘を打てません。
まぁ、それくらいは大目にみてもらいましょう。
屋根が高い事で吐き出しと同じ高さでデッキを作ったとしても開放感溢れる空間になることは間違い無し。

P1023684 とりあえず屋根完成です。
(お~い写真が斜め・・・)
実を言うと屋根を造ったのは土曜日。
あまりの不況で仕事が無いので会社が臨時休業になりましたっ!
日給月給なのになぁ・・・
日曜日に造る予定でしたが、まぁ、土曜の3時過ぎには出来てしまったわけで・・・

これの予算は・・・え~と、ペンキ含めても3万以内だと思います。
もっと安く仕上ようと思えば出来たのだが・・・。

さて、デッキの施工は年内中になるか?
他にもやりたい事はあるのだが、今年は趣味に没頭する時間がとれそうも無かったりする。
なので気ままに更新。
(-ω-)/






|

« 夏に向けて | トップページ | おトイレに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176841/27902450

この記事へのトラックバック一覧です: 屋根を作る:

« 夏に向けて | トップページ | おトイレに »