« 和洋折衷? | トップページ | 素朴な一品 »

2008年9月13日 (土)

雨降れ~!

連休です!
13日~15日まで。
で、彼女(福祉施設にお勤め)のスケジュールは我輩の休日と合わないので
約一月ほど一人で休日を過ごすことになっております。
そのちょうど中日辺りの今日は、やっと雨水タンクに取掛かる事が出来ました。

オークションで仕入れたのは送料込み5000円のポリタンク。
輸入用の食材を入れていた容器で、容量は200リットルです。蓋はネジ式。
ボディは黒色なので中に日が射すことが無く、よって藻が発生しにくいと言えるでしょう。
設置は家の南東の角。
立錐栓の隣になります。
実際、この場所が庭木に水を遣るのに一番勝手が良い場所です。
ただ、この場所は道路から丸見えなので黒いタンクを直置きしていると非常に見栄えが悪いです。
なので少しでも見栄えを改善する事を考えながら雨水タンク設置プロジェクトの開始です。

やはりタンクの周りはウッディーな仕上がりがナチュラルで好きな方も多いのではないでしょーか?
P1023650

早速、要らない角材を測って切ってキシラちゃん(キシラデコール)を塗ります。
左の角材は45角。
右のは2×4です。

乾く間に取水器を取り付けます。
DIYで、自作の取水器を取り付けていらっしゃる方を見かけますが、我輩
そんな面倒な事は
好きです!
しかし、今回は考えた挙句の結論は”既製品を使用する”と言う事になりました。
実際、そんなに高価なものでもありません。3千円くらいです。
数ある取水器の中で、”アメポイント”をチョイス。
説明書を読みながら、縦樋を切断しますが注意が必要です。
このタイプの取水器は排水経路が無いのでタンクへは一方通行です。
なので、タンク側に排水経路を設けてない場合はタンクの高さより上に取水器を付けてはいけません。
何故って・・・溢れるでしょ。
説明書では、タンクの高さ+20センチの位置に取り付けと書いていますが・・・。

実際、溢れるまで放置しておくことは無いと思いますが、念のため。
取水器の位置をタンクのトップより若干下にします。
この事でタンク容量の限界まで使用する事は困難になりますが、やむを得ないでしょう。


P1023651

パイプソーを使って縦樋を切断します。
上・下どちらからでも鎌いませんが、先に切るほうも最後まで切断しないことがミソ。
ブレるので、もう片方が切断しにくくなるから。
少しだけ残して反対側が切断できたら切り離しましょう。





P1023652 これが”アメポイント”です。水色のダクトも付属しています。
内部にフィルター用のスポンジが入っています。
落ち葉などで詰まった場合は縦樋から外して掃除する必要があります。
この取水器を取り付けるのに切断した縦樋の巾は15センチですが、それだと無理にでも
とりつける事は困難です。
家と縦樋を留めてある金属のステーを全て外して縦樋を傾けて余裕を設けなければ設置は困難でしょう。必然的に脚立が必要になります。準備の程。
取付は綺麗に納まりました。


P1023655 次にタンクの土台です。
地面に直置きも何だかなぁ~。
と言う事でブロックを4つ。
いろいろ考えて、このような並びになりました。
タンクにコック(蛇口)を付けたい方は、土台の高さに応じて
取水器の高さも変わるので注意。
あまり低い位置にコックを付けると使いにくいしね。
我輩の場合はコック無し。
蓋をあけて柄杓でバケツに移す方を選択した。
それは適当なコックが見当たらず、わざわざ1200円も出して蛇口を付けたいとも思わなかったから。
まぁ、使用してみて必要性を感じたら付けるかも知れないけどね。

10センチ巾の板を本体の高さに切りそろえて必要枚数キシラちゃんを塗ります。
P1023656

乾いたら本体の施工。
骨組みの角材はビス。
板は釘を使用しました。


P1023657 取水器より低い位置で(当たり前の事だが・・・)タンクにダクト用の穴をあけます。
38ミリのホルソーを使用。
説明書には40ミリと書いてあるが・・・。
38ミリが正解だと思う。
厚さも5ミリほどなので簡単に開穴。



そして!我輩雨水タンクの全貌がいま、明らかに!って大袈裟な・・・。
P1023658こんな感じ。
蓋を開けやすいように高さは抑えてあります。
ブロックを本体の角材で挟むように、且つ2×4材がブロックの上に乗っているので
ずれる事は無く木材が直接地面には接地していません。
ブロックは大体で置いただけなので容器のガタつきが多少あるのが現状ですが、
直落ち着くはずです。
板はタンク後方を除いた3面に。
後方は角材を上下に二箇所ですから、タンクを洗浄したい場合は
横のビスを4個所外して後方角材を外せばタンクを残したまま本体を手前に引くことができます。

台風の時期が近づいてまいりました。
勿論、雨が期待できるでしょう。
風も吹きますが、木材部の重量もあるので、まず飛ばされる事は無いと思いますが・・・。
その前にタンクに水が溜まっていれば、確実に飛ばされないでしょう。
来週は天気が下り坂の様子。
仕事は雨が降ると困るんだけど、
雨!降れ~!
(-ω-)/

おまけ:
今回の被害報告。
ビスの下穴をあけるドリルが折れた・・・。節が~!!がくっ!

本体を持ち上げるときに足の指をヒット!サンダルが~!!
皆さん、安全には充分気を付けましょう。
足の指!色が変~!!(ToT)

|

« 和洋折衷? | トップページ | 素朴な一品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176841/23715637

この記事へのトラックバック一覧です: 雨降れ~!:

« 和洋折衷? | トップページ | 素朴な一品 »