« 寒さに負けてます。 | トップページ | ダストボックス其の一 »

2008年2月 3日 (日)

収納の扉を

P1023413_2 テーブルソーで切っていたのはこれです。
2×4材を縦挽きです。
厚みにはバラつきがあります。均等に切るのが難しいので妥協しました。
その方が素朴さがでて良いと思ったからです。


P1023414 さて、切った材料をヤスリがけしたベースにボンドで接着していきます。
ベースとは何かと言うと、洗面化粧台の一番下にある収納の扉です。
ボンドを付けても板が反ってくる場合はクランプなどを有効活用して固定しましょう。
一日かけて接着させた後、板の余分を切り落として再びやすりがけします。


P1023416 向かって右はもともと付いていた取っ手です。ベースの裏からビス止めでした。
今回も採用したのは流木です。
適当な長さに切って仮置きなどしてイメージを作ります。



P1023418 接着が完了した板の方を着色します。
日曜の予報は雨だったので出来ないかなぁと思っていたのですが、
朝から良い天気でした。
雪が積もっていたので寒かったですが。
昼頃にはほとんど溶けてしまったので早速着色。
ステイン系の塗料。ウォルナットを塗りました。
取っ手部分はナチュラルウッドです。
上写真の下に見えるのは下写真です。
P1023419 足場屋さんからもらってきた木の端材です。
通勤路にあるので以前から気になっていたのでした。
運が良いと形の良い端材が転がっています。
向かって右側に見える切り株近くのものはヒノキです。
すんごい重たかったのでした。運ぶのに一苦労。
これ全部で500円。300円で良いよって言ってくれたんだけどね。
ヒノキもらっちゃったから。

で、乾いたので組み立てです。
P1023421 取っ手の方にも丁寧に下穴をあけて裏からビス止めです。
ベースと取っ手の色を変えることで流木の取っ手がより強調されます。
あまり視界に入らない場所なので、遊び心を試すにはにはもってこいの所ではないでしょうか。


さて、左が施行前で右が施工後です。
  P1023412_2
P1023424_4
鏡部分の色と合わせて落ち着きがでました。
印刷合板にありがちな安っぽさも解消。


取っ手のアクセントが効いています。

平日は仕事。
夜は寒くてギブアップしていたため作業が長引いていましたが
やっと収納扉完成~。でした。(-ω-)/

|

« 寒さに負けてます。 | トップページ | ダストボックス其の一 »

コメント

良いですね~♪

前から思ってたのですが、syabiさん家の腰壁がとっても素敵☆
腰壁ともマッチして、暖かい感じの洗面になりましたね~。

・・・にしても、syabiさんも、かなりの『やりたがり』ですね(笑)
最近、雪が降ったり寒い日が続きましてDIYには辛い季節ですが・・春を夢見て頑張りましょう♪

投稿: まりりん | 2008年2月 3日 (日) 22:28

いつもありがとう、ミス・まりりん。
腰壁は、ホームセンターで買ったシリコン塗装をしてある杉の腰壁ですよ。
トイレにあるのと同じです。
真鍮釘で留めてあるけど目立たないでしょ。
寒いのは本当に苦手でねぇ。
もっとミス・まりりんのように元気でいられたらなぁ。なんて思ってますわ。
ジジ臭!(-ω-)

投稿: syabi | 2008年2月 5日 (火) 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176841/10231791

この記事へのトラックバック一覧です: 収納の扉を:

« 寒さに負けてます。 | トップページ | ダストボックス其の一 »