« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

雷雨とお宝

昨日の日曜日は・・・実家で部屋移動でした。
祖母の部屋の方を増築しているので大工さんが入ります。
祖母は座敷に移動。座敷で寝ていたお袋は応接間に移動。
我輩は2階の一部屋と二分の一を占領していたのだが、一階の荷物がどどーんと上に上がってくるので
やむなく一部屋だけに縮小生活しなくてはならなくなった。
で、この際なのでいらないものは捨てる事にした。
10年以上前に通販で買った安物のセミダブルベッド・パイプハンガー・スリム本棚・三段ボックス×2・CDを入れるキャスター付きの収納棚・着なくなった服・雑誌などなど。
運び出すのはそりゃ大変でした。
で、今度は親父と二人でお袋のタンスや鏡台を上に持って上がり、祖母の電動リクライニング式介護ベッドと
32インチのブラウン管式テレビを座敷に。座敷にあった超重たい仏壇を親父の部屋に・・・。
夕方にはさすがに疲れて微熱と頭痛が・・・。

で、我が家はお袋が趣味で畑仕事をしているせいで晩飯の時間が遅い。
腹が減って仕方が無いのでナポリタンスパゲッティーを作った。
ムシャムシャと食べていたら・・・8時頃だったかな?
ものすごい雷雨です。
新築中の我輩邸は風を入れるために少し窓を開けています。
心配になったので軽トラで向かいました・・・。が、すんごい雨です。ワイパー強にしてもほとんど前が見えません。事故るのは嫌だから慎重に運転しました。
さて、開けておいた窓からの雨の侵入はありませんでした。
しかし・・・雨樋が。
一部外れて雨が滝の様に流れ落ちています・・・。
直したかったのだけど、悪天候な時間に作業は厳禁です。とりあえずそのまま家に帰りました。

さて、今日は今日。えーと月曜日ね。
今日はお宝ゲットしました。
これ↓
P1023263
軽トラにいっぱい。(^◇^)
集成材や無垢の板の切れ端
角材や化粧ボードの受け棚(白い奴ね)は20枚あります。
しかも!全部タダ!無料!
いや~、セレクトするのに蚊に食われた甲斐があったというものです。
このお宝をいそいそと新築我が家に運び込み、暗くなる前に雨樋の補修です。
まぁ、遅かれ早かれこうなるのはわかっていました。
北側の雨樋は樋を渡す金具が二個少なかったので両端から二つ目にあたる金具を省略していたのでした。
金具は大分前に購入しておいたんだけどね・・・付けるのを伸ばし伸ばしにしていたのが祟ったな。
道路側の金具を付けて一つ目完了。杉の林側は・・・おっと若干破損している様子。
中を覘いて見ると枯葉屋が溜まっています・・・。
どうやら雨が流れないので水の重みに耐えられなかった様子。
とりあえず金具をつけて詰まった枯葉を取り除きました。
雨樋は若干破損がみられるが完全に壊れるまではもちそうな感じ。様子を見よう。
ついでに南側の雨樋も点検。
やはり林側の方は枯葉が詰まっていた。それ以外は以上無し。完璧。
しかし・・・これは定期的に雨樋の掃除をしなくてはならないな。
隣のばあちゃんもそんなこと言ってたしなぁ・・・・。(-ω-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

柿渋塗っす。パート2

床の養生も終って次は壁のシーラー塗りか?
と、思わせつつフェイントをかけて柿渋塗です。
以前、梁は柿渋ペイント(㈱トミヤマ)の古色で塗った事を書きましたが、今回も同じく古色を使って
天井の下にある斜めに組んである部材(構造上なんて言うのか知らんけど)を塗りました。
P1023262 ちょっと投光ライトが邪魔していますが・・。水平な梁の上に見える斜めになっている部材と
シーリングファンを取り付けている天井の最も高い位置にある梁ね。
午前中はこの部材のマスキングで塗ったのは午後から。
8時まで頑張って、やっと塗終えました。
柿渋ペイント塗って意外と楽しいものです。前と同じ方法で、薄いポリの手袋の上に軍手を
はめて小さい塗料入の中に手を突っ込んでは塗りたくる方法です。
隅の方は少し細い刷毛を使用して塗りますが他の広い場所は軍手塗りで塗料を擦り込みます。
気をつけないといけないのはトゲ。
今日は右手の人差し指の腹にブッスリ刺さりました・・。血は出て無いけど・・・・痛かった。
残すは梁の上側。
それは平日仕事帰りに塗るつもり。でも、明日から晴れるんだよね。
熱気にうだりながら塗る事になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

養生しまっせ~。チッチキチー。

今週も終りに近づいてきましたが・・・。
先週末更新しなかったのでここで。
土曜日を含めて三連休でした。
初日の土曜日は午前中に壁下地パテのヤスリ掛け。
黙々と独りでパテを落としていきます。

中日の日曜は午前中にヤスリ掛けを終えました。

やったーやったよーーーーー。って感じです。
若干厚めにパテを盛ってしまったのでこの作業が一番辛くて、正直時間もかかりました。

P1023258 午後からトイレのドアを修正。
やっぱり木が反ってました。ドアが閉まらなくなってたりして・・・・。(-ω-)
少しカンナをかけてついでにオイルステイン塗りました。
いっそうレトロな感じが引き立ちます。
ついでにトイレ内のニッチも同じ色で塗っちゃいました。

従兄弟が手伝いに来てくれたのでマスキング作業の開始です。
床の掃除はしておいたので差し入れの缶珈琲を頂いた後、そそくさとテープを貼って行きます。壁から1ミリか1.5ミリ離して貼っていきます。
ビニール付きのマスキングテープも併用します。
5時になったので作業を終えてうどんを食べに行き、温泉に行って汗を流して帰宅しました。
最終日の月曜はとにかくマスキングです。
我が家は壁紙を使いません。
壁という壁は板壁を除いてすべて塗り壁です。
計算して見たら約86平方メートルあります。
そりゃ、下地にえらい時間かかってますからマスキングするのも時間がかかります。

という事で今日は木曜日。
やっとマスキングと床の養生を終えました。
床は畳コーナーを除いてほとんど養生しています。
とにかく養生は
これでもかっ!ってくらいやっておかないと後から泣きます。
壁の隙間を埋めるパテを落としたぐらいでは済みません。パテは拭けばなんとかなりますからね。

あ、前回の記事にコメント付いた様子。ちゃんと届きましたよ~。おっしゃるとうり承認規制かけてますー。
ブログの機能・・・あんまり詳しく無いもんで。(-ω-)ごめんねー。

なにはともあれ、応援いただくと、単純な我輩も元気百倍になるのであった。 ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

必要な建具其の一

先日作った建具です。勿論素人ですから、「ま・いっか~。」ってノリで作りました。
少々歪んでいようが板が反っていようがそれも味の内と思えば・・。
P1023249 トイレのドアです。
板をベースに横桟で固定しただけのシンプルなドア。
ドア枠上に隙間があります。
昔の家っぽくて良いでしょ・・・?
って・・・本当は枠ピッタリに作るつもりだったのだけど・・・。
思い込みって怖いねぇ。
100ミリ間違えて板を切ったもんだからさぁ。
こんなになっちゃったのよ。
まぁ、どーせ一人暮らしだし・・・。味があっていいんじゃないのって感じです。
そういう事にしといてください。(-ω-)
で、ドアが開きっ放しになってはいけないので、三角ドア金具を付けたんだけどね。
こういうの↓
P1023247 枠に付いているよねこういうの。
ただ、これはドアの取っ手が付いて無いタイプで純粋な三角金具。
これが曲者。
ドアの横をノミで欠いて穴をあけて取り付けます。
ドア枠側も閉めたときに金具が収まるように穴をあけてステーを付けます。
で、ドアを開け閉めすると、金具のバネがバッチンバッチンと五月蝿い訳だ。
やられた・・。
余りにも五月蝿い。
部屋の天井が無い分反響して家中に音が響く。
やむなく金具は却下する事にした。
空いた穴を加工して取っ手がスライドしてドア枠に引っかかる様にした。
P1023250 昔の戸みたい。
穴の方が大きかったので木の端切れをボンド付けして埋めたのが玉に傷。
最後にヤスリがけして着色すれば目立たなくなるかな?
素人の作るものだから、味があって良いじゃないって思えば少々の失敗も楽しいもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

巻いて巻いて~。

当初の案でした。
何のために巻いたのか?
わかる人~!?
わかんないだろうな~。
P1023245_1
あ・・手前に見えるのが足場板ね。
その奥の柱に藁で編んだ縄を巻いたのよ。
太さ2分5厘で150メーターが800円くらいだったかな?
巻いて巻いて巻いて・・・結局10m.あまったかな・・・。
なんで巻いたのかと言うと、インテリア兼シーリングファンの電源である露出した配線を隠す為です。
こういうのって下から巻くのが正解なのかな?
上から巻き始めたので最後の方は屈んだ姿勢になって超巻きにくい事になってしまった。
おまけに一人で2日間にわたって作業しました。
二人いたら楽だっただろうね。
縄を左肩にかけて左手で縄を巻きつつ右手に持ったゲンノウで叩いて締めました。
柱一本巻いただけでもう、2本目はありません。
しんどいです。汗だくです。足を踏み外すと床までまっさかさまに落ちます。
最後の一巻きを終えて解けないように締めこんだ瞬間は感激と言うより
作業が終った事による開放感で一時呆然と座りこんでいました。(足場の上で。)
数分の後下に下りて柱を見上げ、やっと達成感を味わいました。
でも、今更ながら思うのだけど、時々こういうの見るよね。柱に縄巻いてるの。
あれってやっぱりタダのインテリア?なにか他に訳があるんでないかいな?と思っているのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »