« 恐るべしパテ | トップページ | タイル貼り。 »

2007年6月21日 (木)

まぁ、いろいろと。

blogをほったらかしにして何をしていたかというと、・・・まぁ、いろんな事です。
先日無臭柿渋を塗った梁ですが、色があまり変わらないので当初の案であった着色をしてみる事にした。
勿論、自然塗料で。
候補に上がっていたのが柿渋ペイント。(株)トミヤマです。
ここの柿渋ペイントの古色を選択しました。
柿渋の匂いが少しします。どんな匂いかというと、なんか腐ったような匂いです。
でも、こんなの屁でもありません。
うちのお袋が作っているぼかしとEMもどきに比べたら!!
(市販されているEM商品には匂いはありません。)
とにかく自作の液を床に塗ったりトイレに撒いたりした日にゃー。おりゃーー!と言うほど鼻が曲がります。
息も出来ないくらいです。体にいいとか何とか言って作っています。そりゃー米の研ぎ汁やらなんやらを発行させたり生ゴミを溜めてうわずみを採ったりして作るんだから・・・しかも台所(室内)で・・・。
EMが体にいいのは否定し無いが、自作で作る液体の匂いは悪臭以外なんの物でもありません。
この匂いの中にいるだけで病気になりそうです。
作るの止めてもらいたいのだが・・・。食べたらTVの前でゴロリ。夜更かしして朝遅く起きて不健康そうなサイクルで生活しているのに畑が忙しい等と・・・。
やる事は健康志向っぽい。いくら無農薬野菜を栽培しているからって・・・でも生活が矛盾してるよね。
さて、愚痴もここまでにしておいて、柿渋ペイントは木に摺りこむようにして塗っていきます。
我輩の場合は、刷毛でポチポチと塗って、それを軍手で伸ばして摺りこんでいきました。
当然、軍手の下には薄手のナイロン系の手袋をしています。
適度に粘性もあって、結構楽しかったのだが、結局塗る面積が多いので最後の方は疲れてしまった。
一度塗りでこんな感じ。
P1023239 夕方薄暗い時間に撮ったのでわかりにくいかな?
厚塗りしていないので木目が出ています。とっても上品です。
実を言うと、まだ塗りたくなった場所が出てきたので同じ商品を再注文した次第。

さて、じゃぁ、無臭柿渋㈱大杉型紙工業はどうしたかと言うと、カウンターに塗っちゃいました。
P1023240 柱とカウンタートップが白くて浮いていたので悩んでいたのだが、
この無臭柿渋を二度塗りしたらいい具合に色がつきました。
無駄にならなくてよかったよかった。(梁を塗ったときの労力は結構あったけど・・・。)
で、まだ他にもいろんな事してましたけど今回はこれで。
ではでは。

|

« 恐るべしパテ | トップページ | タイル貼り。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 恐るべしパテ | トップページ | タイル貼り。 »