« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月30日 (金)

ペーパーホルダーは無しね。

残業やらなんやらで久しぶりに現場に行った。
壁になんか付いてるぞ。
おー!ガス給湯器だ。
P1023188 24号です。
追い炊きできます。
独り暮らしには贅沢ですが・・・ガス屋さんが付けてくれるというもので・・・。



中に入って洗面所を確認。
おおー!洗面台が付いてるぞ!
P1023189 ホームセンターで購入した安い物ですが・・・。
実を言うと失敗したかな~。なんて思っている。
今時、柄が入ったお洒落な陶器製の洗面器が無垢の木の台に付いてるのってあるじゃない。あれって目立つよね。お洒落だよね。
でもね。便利さで言えばこんなんだよな。安いし。お金が出来たらいつかそういう風にリフォームしよう。そう、いつか・・。

で、トイレには便器が付いていました。
どっかーん!ってちょっと大袈裟だけど。
ネットで購入した安い奴です。
P1023190 でもね、ウォシュレット付いてるんだよね。送風は無いけど。
やったー!なんて喜んでいたらある事に気が付いた。
なんとおまけで付いてきたペーパーホルダーまで壁に付いているではないか!
ガッチョーーーーン!
実を言うとこれはつけて欲しくなかった。
言うの忘れていた我輩が悪いんだけど・・・。
悔しいから速攻で除けました。
腰壁にビスの痕が3箇所も残りました・・・。あぁぁ・・・。ガックリ。
どちらにしても除けないといけないのです。
何故って、便座に近過ぎるから立ち上がるときに肘に干渉するのよ。
ペーパーホルダーは、後日、自作したいなぁと思っています。いつ出来るかわかんないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

トイレ天井!

ジャーン!トイレの天井!
P1023186 おっと、もとい、これは天井裏でした。
枠の上に乗せただけの養生シートです。215円でした。クリアーが欲しかったのだが、
そうなるとアクリル板を買う事になる。似たようなのがあったのだが1580円の価格にショックを受けて当初の案のこの養生シートにしたわけ。

で、こっちらが天井。
P1023185 入り口側下から見上げた図。
枠に穴を開けて竹の棒をつっかえにして、すだれを支えています。
釘やビスは使っていないので、簡単に取り外しが出来ます。
その利点は、リフォームしたくなったときに簡単にバラせるということ。
たとえトイレのドアが壊れて開かなくなっても天井から脱出可能!
奇跡の脱出!キラリ!ふふふ。マジシャンみたいだねっ!
ただ天井裏の仕切りが実質養生シート一枚なので、音が気になる可能性は否定できない。
客人が来た折には注意しておこう。音筒抜けだから気をつけてねっ!って。
さて、基本的に独り暮らしの想定なので気楽なもんだ。
大事なのは匂いの問題で、音では無いからね。
音姫というトイレに設置する機械があって、よく居酒屋さんで見かける。
ボタンを押すと
ジャー!って水が流れる音がする奴ね。
以前から考えていたのだが、ボタンを押したら
ブリブリブリィーッ!!って音がしたら面白いだろうなぁ・・。
なんて・・。びっくりするだろね。まぁ、どうでもいいことなんだけど。
えーっと、換気扇は付いていない。窓のみ!・・・まぁ、必要になったら付けよう。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月21日 (水)

ゴミの仕分けでした。

帰宅してから「はっ!しまった。また写真撮るの忘れた」って思うのである。
やっとトイレの天井が完成!
写真があったほうがわかりやすいので後日撮ってきます。
午前中は親父にトイレの天井を作ってもらっていました。
細かく指示を出しておかないと絶対に間違うので心配なのだ。所々手伝ってまあまあの出来です。
その間、我輩は床張りの続き。
思ったようには進みません。
午後からは外の廃材(大工さんなどが残していったゴミ等)の片付けです。
いえ、わざと残してもらったんです。サイディングの端切れや角材などがブルーシートの中に沢山です。
とりあえず、庭一面に広げました。
P1023184 スタイロフォームの切れ端や金物の端材もあります。
資材の梱包材もあります。
とにかく分類して袋に詰めていきます。
木の端材は、薪で風呂を沸かす家にあげる予定です。
釘などをちゃんと抜いて袋詰め。
サイディングは庭の西側に綺麗に積んでおきます。
梱包材のプラで出来たシーとは、ちゃんと乾かしてから丸めて袋に入れました。
すっごい時間がかかりましたが、おかげでゴミの山が無くなって綺麗になりました。(-ω-)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

即席治具です。

先週作った階段の踊場になる部分です。
P1023172 脚立のある部分は階段にする予定ですが、踊場から上はハシゴにしようと考えています。
75角の角材を組んでいますがやっぱりミスしてたりします。間違えた部分は端材を入れてごまかしています。(-ω-)








今日、日曜日は前の会社で一緒だった人が手伝いに来てくれました。
ですから、ちょっと手の込んだ場所を造作します。
こんな治具もどきを作りました。
P1023173 外壁材と端材をビスで固定して、床材を斜めに切っていく訳です。
でも、実際床を張る訳ではなくて、壁を張ります。
何故って・・・。
羽目板が高いんだもの。
今使用している床材は1坪分で3450円です。
これって結構お得でしょ。
勿論、色が悪いのや抜け節があるのがあるから、それを壁にまわすのよ。
上の方だし、ロフトに頻繁に上がることも無いので多少綺麗で無くても問題ない。
で、今日一日かけて東側の梁より上の壁をはりました。
P1023174 逆光でちょっと見えにくいけれど・・。
治具を使ってとりあえず板を斜めに切ることができました。
若干の誤差はカンナで修正できる程度。
なかなかの出来栄えです。一番難しいのは長さを揃える事でした。
先ず、斜めに落としておいてから、底辺の先端から長さを測って真っ直ぐ切り落とす。って事をやっていたのですが、途中から両端を斜めにカットするようになりますよね。
上の方は。
だから落とす場所に線をひいておいてから丸鋸の刃の先に注意してカットしないといけません。
運良くとんとん拍子にバッチリな長さにカットできたので我輩の腕もそう悪くないなぁ~。なんて自画自賛でした。
一番トップは、その工程+梁の部分をカットしなければなりません。
胴付き鋸でセコセコと造作してピッタリ納まりました。めでたしめでたし。




| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月12日 (月)

陽の当たる場所に・・・。

昨日手伝いに来てくれた従兄弟のさしいれ。肉マンともう一つは細長い形をしているが肉マンの親戚。
昼ごはんを食べた直後だったので食べれなくて、とりあえず日向に置いておけば温かいままだろうと思って
勝手口の脇の日が射す場所に置いておいた。
そして今日・・・。肉マンの存在に気が付いたのは会社が終る頃。
帰宅して軽トラに乗り換えて現場へ。
物はそこにあった。冷めて若干硬くなっているが肉マンの感触だ。
とりあえず匂いを嗅いでみる。
は!これはまだ腐って無い匂いだ!
恐る恐る袋を開けて見る。カビらしきものは付着していない。
これを持って帰ってレンジでチンすればきっと湯気がホッカホカの肉マンに変身するに違いない!
しかし!まる1日以上経っていることは確かだ。しかも陽のあたる場所。
うぅっ!肉マン!もったいないけれど・・・と言いながら頭の中では肉マンを頬張ってムシャムシャ食べている
自分が存在する。
ドキドキドキ(我輩の鼓動)
・・・だめだーぁ!
我輩にはこの肉マンが食えないーーーーー!
はぁはぁ・・・。
そこには葛藤の末にもって帰った肉マンを生ゴミに捨ててしまう我輩がいた。
ゴメンネ肉マン!許して飢餓に苦しむ子供達!
今日、これが一番悲しい出来事であった。(-ω-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

マイペースです。

今週は寒い日が続いたので平日はあまり作業をしなかった。
土日が休みだったのでその分作業をしました。
土曜日は主に玄関の上がり框の取付。
実を言うと今回も写真を撮るのを忘れてしまった。
床は杉の無垢板です。玄関の框とは垂直に接します。
框を無くしてそのまま土間にって手もあるんだけど、やっぱり框は欲しいです。
同じ杉板を框材としてしまうと材が柔らかいのでヘタル恐れがあります。
ですから少し硬い材を使うことにしました。で、ホームセンターで手頃なのを見つけたのがタモです。
結構硬い木です。
床材である杉板は厚さが15ミリです。框材として買ってきたのは20ミリ。(高価だからごついのは買えないのよ。)
土間方向に25ミリ出して土間側から15ミリの板を下にあてます。つまりフロア側の残り80ミリは厚さを5ミリ削らなければいけません。こんな時にトリマーなんて便利なものがあれば楽なんでしょうけれど・・・。
例によって丸鋸の刃を5ミリ出して何本も板に筋を入れます。鋸で切っていても硬いと思いました。
そして・・・・ノミです。殆んど親父に削ってもらいましたが・・・苦労していたようです。
で、まぁとりあえず出来たようなので取付ですが、壁際は柱に切り込みを入れてはめ込みます。
でも真ん中は何とかして止めないと暴れますからボンドなどを塗っておきます。(いいのかなぁ?)
それでも不安なので土間側から長いビスを斜め上向いて打ち込みます。勿論。框材を貫通しない程度に。
そして框のフロア側の面から斜め下に下穴をあけておいてフローリングビスで止めまくりです。
なんとか安定しました。これだけやっておけば先ずずれることは無いでしょう。素人技ですけど・・・。
今日、日曜は階段の踊場です。
一度張ったプラスターボードを外して既存の柱を欠いて溝を作ります。
買ってきておいた75ミリ角の杉柱材を組んでいきます。だいたいこんなんかなぁ~。なんて感じでやっていると
へまもします。欠いた溝の高さが5ミリずれていたり・・・。(-ω-)
組んだ後に材を止める位置がずれていたり・・・。

家来 殿!ここの材を止める位置が若干ずれておりまするぞ!
我輩 うむ・・・。苦しゅうない。ちとずらしてごまかせば良いではないか。ゴンゴン。ほれ。
家来 ははー!

あまり細かい所では悩まない事です。どーせ見えなくなるし。多少ずれていようが、崩れ落ちるような軟な作り
ではありませんので・・・。

少し早めに終って、ホワイトデーのクッキーを配りに街へ。と言っても従姉妹と子供達。それと従姉妹の知り合い。ドカ(ドカティ)を買ったそうだから見に行きました。1000キロ走っただけの中古で90万。
800CC。綺麗な赤いバイクでした。やっぱり外車はデザイン良いねぇ。

少し遅れて定例会(以前勤めていた会社の同僚達との会)です。もういや!って言うほど焼肉食べました。
昔の仲間はいいねぇ。何にも変わらない。ん?我輩邸で焼肉とな?う~ん。それはちょっと・・・。匂いが気になるなぁ。でも、どうなんだろう?やっぱり匂いって残るのかな?珪藻土なんかの壁にしてても。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 4日 (日)

男4人!最強~!

今日はヘルプがありました。
総勢男手4人。
女性陣は子供達のあいてやら昼ごはんを作ってくれたり。
子供は近くの公園で遊んだり余った木材で何か作っていたり。
すんごく楽しい作業でした。
梁下の壁も9割がた張れたし、畳コーナーの座も形が見えてきました。
一週間ぶんくらいはかどった感じ。
写真を撮る時間が無かったのが残念。
あ。
そう言えば一枚。
ヤマガラ君です。(いや、雄か雌かしらないけど。)接写で撮影。
P1023171 妻壁上部にある小窓かなんかにぶち当たって地面に落ちきたそうな。
こ・ここは何処?あたしは誰??ってな感じで口をポカンと開けて目をパチクリしてます。
10分ほどして正気に戻ったか何処かへ飛んで行きました。
家のすぐ西側が杉と竹の林にになっているのでそこらへんに住んでいるのかな~。
なんて思いました。
杉と言えば花粉です。
我輩も花粉症を持っているのでこの時期は大変です。
もろに花粉を浴びたせいか、夕方から鼻が詰まってしかたありません。
薬を飲んでシャワーで花粉を洗い流したらスッキリしました。
でも、まだまだ花粉の飛散時期は続くんだろうな~。
はあぁぁぁぁ~。溜息

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »